FC2ブログ

ソ・ジソブ☆FABULOUS カフェ ☆ファビュラスカフェジソブ情報

 

私の後ろにテリウス`無限の魅力終結者」ソ・ジソブマジック」










news_1539310153_744558_m_1.jpg


▲ソ・ジソプが、様々な魅力を披露する。ⓒMBC私の後ろにテリウス
【鳳凰網コリア】キム・ヒョンジュ記者=ソ・ジソプの表コミック演技が視聴者の好みを狙撃した。

昨日(11日)放送されたMBC水木ミニシリーズ「私の後ろにテリウス」(脚本オ・ジヨン/演出パク・サンフン、パク・サンウ/制作MBC、モンジャクソ/以下「内ドィテ」)11、12回では、特有の節制されたオーラでドラマの笑いコードをおいしそうに生かすソ・ジソブ(ギムボン役)の活躍が視聴者たちをひきつけた。

まず、KIS(Kingcastle Information System /キングキャッスルアパート内のおばさんたちの集まり)の3人の欧米を引いた「ギムボンシャーマン説」が開始から笑い始動をかけた。まさにKIS 3人に利用した占い師に誤解を受けたギムボン(ソ・ジソプ)が本当の導師、鶏龍山強度領(イ・ジュニョク分)を探しに出たこと。強度領から受け取った3人の占いを持ってまるで自分が占いを下したかのように強度領ふりをするずうずうしさはお茶の間を瞬時に笑顔で染めた。

ギムボンのしらじらしい魅力が引き立って見えたかわいい活躍視線をひきつけた。高エリ(ジョンインソン分)、ジンヨンテ(ソンホジュン分)とうっかり食事をすることにしたギムボンはエリに一緒に仕事をしようと言った秀作(?)を張るジンヨンテをいけずうずうしく防御しきっ抗神経戦を繰り広げた。エリを保護しようとするブラック要員の本能と容態を向けた警戒心が妙な気流を形成して見る人々を興味津々にした。

また、エリを抱えてごろごろた大惨事(?)を収拾しようとする努力もコミカルに繰り広げられた。ギムボンは育児パパギムサンリョル(カン・ギヨン分)にエリを襲った理由をググジョルジョル説明せめて「勝機父が第ロールモデルです」とアブに仕上げ、ブラック要員ギムボンに想像できない意外な一面が自動的に爆笑を誘発させた。

このようにギムボンの人間的な魅力が加わる中で止められないカリスマを爆発させたR3脱出シーンとポーランド銃創以降の話は再びブラック要員の姿を垣間見ることができた。手に汗を握る作る緊張感と力のあるアクションに仕上げたR3脱出プロセスは見る人々を一気に没入させて'やはりソ・ジソプ」という賛辞を引き出した。

このように、ソ・ジソプは孤独な黒のエージェントと人間ベビーシッターという両極端のキャラクターを彼だけの粋が詰まった演技で自然に溶かし、視聴者を出口のない「ギムボン病'に案内している。

放送末尾、ギムボンは「正男」という身分が露出してエリをメンブンに陥れた。果たしてギムボンはエリの誤解を解くためにブラック要員の身分を公開するかどうか来週17日水曜日の夜10時MBC水木ミニシリーズ「私の後ろにテリウス」13、14回放送が待たれる。

focus@ifeng.co.kr







関連記事
  1. 2018/10/12(金) 14:52:49|
  2.  ソ・ジソブ so jisub
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ボンちゃんの可愛い復讐   | ホーム | 「私の後ろにテリウス」ソ・ジソブ、ムルブパックドサ変身 "不思議いる"爆笑[決定的シーン]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miicoyan818.blog70.fc2.com/tb.php/3035-4854e2ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)