FC2ブログ

ソ・ジソブ☆FABULOUS カフェ ☆ファビュラスカフェジソブ情報

 

ソ・ジソプ、コミックと意外な相性は抜群









92374.jpg



俳優ソ・ジソプがコミックジャンルとの調和の魅力を誇示している。





ソ・ジソプは現在放送中のMBC水木ドラマ「私の後ろにテリウス」でブラック情報源出身のベビーシッターの役割を担って両極端を文字を行き来している。
これまで真剣で強い男性の姿を主に見せた彼根本的な変更に挑戦しながら、ドラマの面白さまで与えている状況だ。


劇中ソ・ジソプが意外に笑いを抱か状況と姿に視聴者たちの歓呼が最も大きい。
都合上、情報源の身元を隠したままベビーシッターに「転向」した彼は、二人の子供を世話パニックが常だ。
子供が我慢できずに尿を見たパンツをしゃがんで座って洗濯をしたり、キッズカフェで一緒に滑り台を乗っあどけない表情を作るなど、これまで見てきたソ・ジソブの姿と異なり妙似合っ笑いをかもし出す。

感情の変化がよくあらわれていない表情だオリバリハンし無邪気微細な変化が大きな楽しみを与えている。

劇序盤には相変わらず「ソガンジ」の魅力で、これまで自分のイメージに慣れ視聴者の目を楽しませたりした。
情報源として活動する当時の回想シーンでブラックスーツを着て派手なアクション演技をして、女性ファンたちの注目をひきつけた。



ソ・ジソプの活躍にMBC水木ドラマは、約1年間続いた不振の沼から抜け出した状況だ。


4日9.5%の最高視聴率を記録して先に放送した「時間」を含めて、昨年12月から順番に「ロボットじゃない」「手をぎゅっと握って、沈む夕日を眺めてみよう」「是非、抱いて」の2〜5%低い視聴率の輪を切った。
特に「私の後ろにテリウスは「同時間帯の強力な競争作であるSBS「胸部外科:心臓を盗んだ医師たち」を抜いたのに意味が深い。
11日8.8%で0.5%ポイント僅差を見せた「胸部外科」は、「被告人」の制作陣ということと、コ・スが2年ぶりのテレビ劇場復帰作でデビュー初めて医師役を演じた話題性を勝ち抜い宣伝している。

バックソルミ記者bsm@donga.com
元記事






関連記事
  1. 2018/10/13(土) 11:17:40|
  2.  ソ・ジソブ so jisub
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「預言者ボンちゃん」メイキング | ホーム | ボンちゃんの可愛い復讐  >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://miicoyan818.blog70.fc2.com/tb.php/3038-f8c1df61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)